ギャンブル依存からの回復

ギャンブルを止めているだけでは回復にすすむまで充分ではありません。ものの見方や考え方が変わらないと、「何とかなる!」「今度は大丈夫!」「めんどうくさい!」「ちょっとぐらい大丈夫!」「もうそろそろ大丈夫!」「少しぐらい」と再びギャンブルが始まります。

そして、今までと同じような感情の波に呑まれてしまい、怒りや恨みの感情が出て、いずれギャンブルをしなくてはならなくなります。

自分の生き方を変えて、新しい生き方を身につけないと、長くギャンブルを止め続けることはできません。

新しい生き方

新しい生き方を身につけるのには、同じ仲間とプログラムが必要です。

一番効果があるのは、自助グループ「GA(ギャンブラーズ・アノニマス)」です。GAに繋がるには、ただGAに行きなさいと言うだけでは難しいものがあり、それに繋げるのにも、色々なプロセスがあり、多くの援助が必要なことは当然です。特に周りの家族の存在は大きなものがあります。

GAには同じ問題を持ったギャンブル依存の人と回復のためのプログラム12のステップがあります。ミーティングや仲間と12ステップを使い、少しずつ自分のものの見方や考え方を変えていきます。

12ステップの考え方を通して、ミーティングや仲間は、色々な気づきを与えてくれます。徐々に自分の古い考え方から、新しい考え方をできるようになり、新しい生き方がだんだんと身につくことになります

無力・信じて・お任せ

自分がギャンブルに対して無力であり、生きる事がどうにもならなくなったことを「認める」ことから始まります。無力は、完全に認めなくてはなりません。まだ何とかなると自分の力を信じている間は、回復のスタートに立てません。この完全な敗北を通して次のステップに行けると思います。自分がギャンブルに対して完全に無力だからこそ、他の力、すなわち自分より偉大な力の存在を信じて任せることができます。ここで改めてスタート台に立てるのです。

性格上の欠点を直していく

長くギャンブルを止めるという次のステップに進むため、自分を根本的に変えていく必要があります。
このステップでは、自分の性格上の欠点を徹底的に洗い出して、それを変えていく力だけを求めて、自分より偉大な力に任せていきます。

自分で何とかするという考えを捨てて、自分より偉大な力に任せるのです。自分の性格上の欠点を直していくことにより、ギャンブルのない普通の生活が出来るようになり、まともに働けるようになるのです。

この作業は、本を読んで修行するとか、自分一人でとか、宗教でとか、そんなことをしても全く効果はありません。GAの仲間とのミーティングで、初めて効果があるのです。

ごう慢から謙虚

次に「自己中でごう慢な自分」から「謙虚な自分」に成長することを目的とします。自助グループでは、「霊的成長」といいます。いつも人のせいにしていた言い訳を止め、いつも「自分の側の問題」を考えるということです。人のせいにしている間は、自分の感情的な問題、すなわち、怒りや恨みは収まりません。自分を見ることをしないので当然、成長は見込めないからです。いつも自分の側に何が問題かを考えることにより、感情的な落ち着きと霊的な成長がもたらされます。とはいえ、完璧に謙虚な人間は誰もなれません。それに向かっていく事が大切であり、それが霊的成長といえるのです。

この先、プログラムはまだ進みます。12ステップを使って人間的に成長することが、回復の目的だといえます。

施設案内

NPO法人ギャンブル依存ファミリーセンター
ホープヒル

〒241- 0826
神奈川県横浜市旭区東希望が丘133-1第3コーポラスC棟508号室
TEL&FAX:045-364-5289
営業時間:11:00~19:00
定休日:日・祝祭日
MAIL:mm.machida@nifty.com

家族教室 毎週土曜日10:30~12:00      場所:横浜市中希望が丘104-7 清和ハイツ101

Copyright (C) ホープヒル All Rights Reserved.