Staff Blog

2020年10月

2020.10.23

イネイブリング

横浜市の家族教室に助言者として参加しました。

クラフトという家族のプログラムを学ぶ日で、今日のテーマは

「イネイブリング」でした。

イネイブリングはギャンブル依存症のことを知らない無知と

家族の信じている家族観が大きく影響していると思います。

知らない知識は学べばよいのですが、簡単には家族には入りません。

なぜなら家族考えている常識や普通とかの枠に入らないのが

ギャンブル依存症だからです。

私たちの常識や普通を超えており、理解できない存在なのです。

ですから、ギャンブル依存症を勉強すると私たちの価値観が逆転することが

多いのです。

例えば、家族なら助け合うのが普通を思いますが、

助けるとこの病気は進行するのです。

また、家族は借金を返せば何とかやり直してくれると思いますが、

借金を返すと病気は進行するのです。

このように私たちの常識や普通がことごとく覆されます。

この病気と出会いと家族の価値観の転換を迫られます。

2020.10.23

オレオレ詐欺

ギャンブル依存症者は本物のオレオレ詐欺師です。

なぜなら、家族を嘘をついてお金を引き出すことしか

考えていないからです。

実際にオレオレ詐欺をして捕まった人もいます。

昨日はそんな人の裁判を傍聴しましたが、

いうのもなんですが、とても実直で気の小さな人に見えましたが、

留置所に長い間いる間に精神を病んでしまったようで、だいぶ精神薬を

飲んでいる様子でした。

多くのギャンブル依存症の人は、本当に良い人でまじめな人が多いです。

彼もそんなまじめさを感じます。だから鬱になったのだと思います。

ギャンブル依存症の病気は怖いものです。

こんなまじめで良い人を犯罪者に変えてしまいます。

私たちの施設に来る人もみんなよい人で犯罪を犯しております。

2020.10.16

やさしさと思いやりが依存症を進行させる

 ギャンブル依存症の人は、人の愛を食べて生きております。

優しさや思いやりは本人の回復にはなりません。

みしろ病気を進行させます。

ギャンブル依存症を通して、本当の優しさとか思いやりとは何なのか考えさせられます。

思いやりややさしさの2乗は「あなたの為に」と言われて、断ることができません。

時に押し付けになり、本人の主体性を奪っていきます

本当の優しさとか思いやりは、本人の気持ちの寄り添うものでないといけないのでは。

カレンダー

«10月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索

フィード

施設案内

NPO法人ギャンブル依存ファミリーセンター
ホープヒル

〒241- 0826
神奈川県横浜市旭区東希望が丘133-1第3コーポラスC棟508号室
TEL&FAX:045-364-5289
営業時間:11:00~19:00
定休日:日・祝祭日
MAIL:mm.machida@nifty.com

家族教室 毎週土曜日10:30~12:00      場所:横浜市中希望が丘104-7 清和ハイツ101

Copyright (C) ホープヒル All Rights Reserved.