Staff Blog

2017年07月

2017.07.02

病気を甘く見ている

 昨日の家族教室のテーマが「病気を甘く見ている」でした。

たくさんの家族や援助者、そして依存症本人と接してきて感じるのは、

この言葉です。

本人含めて周りの人や援助者は、この病気の大変さを理解しているのかと

感じてしまいます。

なぜなら依存症は生き方だから、なかなか変えられないのです。

信仰のようなもので、今まで生きてきた柱や信念です。

そんなものを簡単には手放せないものです。

なじんだ今までの生き方にすがろうとして、

なかなか新しい生き方をしようとは思わないものです。

自分が死んでしまうかどうかの瀬戸際に立たないと。

カレンダー

«7月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

ブログ内検索

フィード

施設案内

NPO法人ギャンブル依存ファミリーセンター
ホープヒル

〒241- 0826
神奈川県横浜市旭区東希望が丘133-1第3コーポラスC棟508号室
TEL&FAX:045-364-5289
営業時間:11:00~19:00
定休日:日・祝祭日
MAIL:mm.machida@nifty.com

家族教室 毎週土曜日10:30~12:00      場所:横浜市中希望が丘104-7 清和ハイツ101

Copyright (C) ホープヒル All Rights Reserved.